司法書士/土地家屋調査士アストラグループ
名古屋で家族信託・民事信託・任意後見契約・認知症対策・相続対策
のことなら司法書士法人アストラ
052-212-8956

BLOG
ブログ

ホーム > ブログ
  • 2020.03.05
  • ブログ

家族信託を相談する際のポイント

こんばんは。加古です。

久しぶりのブログとなりますが、今日は、「家族信託を相談する際のポイント」についてです。


 

専門家へ相談する際には以下のポイントをがあります。

 

1.相談内容をはっきりとさせる

「家族信託」とは財産管理に関する手法の一つです。

 

そのため、ご自身やご家族の財産の管理について、どのような悩みがあり、どのような事を相談したいのかをはっきりさせましょう。

 

例えば、

(1)基本的な家族信託のことを教えて欲しい。
(2)認知症になった場合に備えとして、出来る事を教えて欲しい。
(3)財産が色々あるが、将来的にどのような問題点があるか教えて欲しい。

 

 

2.家族信託のメリット・デメリットを理解する
実際に家族信託の相談に行くと、家族信託のメリットやデメリットの説明をしますので、しっかりと理解しましょう。

 

【家族信託のメリット】
(1)遺言や成年後見では不可能であった、柔軟な財産管理が出来るようになる。
(2)親の財産管理を容易に行う事が出来る。
(3)事業承継にも利用する事が出来る。

 

家族信託は様々な場面で家族の想いを実現することが可能な素晴らしい制度ですが、デメリットもあります。

 

【家族信託のデメリット】
(1)信頼できる受託者がいない場合、家族信託を利用することが困難。
(2)財産の名義が形式上、受託者に代わることになるため、抵抗感を持つ方がいる。
(3)家族信託自体に節税効果はない。
(4)家族信託が長期間に及ぶ事もあり、想定外の事が発生する場合がある。

 

メリットだけでなく、デメリットとその対策についてもしっかりと確認しましょう。

 

3.費用・報酬を確認する

家族信託は、相談者様ごとに家庭の事情が違いますので、案件ごとにすべてオーダーメイドで行います。

 

また、相談者様やその他ご家族とも何度も打合せを行いますので、時間も必要です。

 

そして、家族信託は数十年と言った長期間にわたる仕組みですので、アフターフォーロー等も行います。

 

そのため、非常に責任が重い仕事になります。

 

したがって、報酬は割高です。

 

我々も報酬に関するトラブルが起こらないように細心の注意を払っていますが、どれくらいの費用・報酬が発生するのかはきちんと確認しましょう。

 

 

4.最後に
家族信託をたくさん扱っている専門家はまだ少ないです。

 

そのため、全国対応を行っている専門家もおりますので、場合によってはそのような専門家に相談するのも一つの方法です。

 

家族信託の専門家選びに悩まれた場合は、全国対応している専門家も視野に入れて検討してみて下さい。

 

なお、弊社も全国対応を行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。