家族信託・民事信託

私たち司法書士法人アストラは、家族信託・民事信託のサービスに力を入れています。

家族信託とは、「財産管理の一手法」です。資産を持つ方が、特定の目的(例えば「自分の老後の生活・介護等に必要な資金の管理及び給付」等)に従って、その保有する不動産・預貯金等の資産を信頼できる家族に託し、その管理・処分を任せる仕組みです。 財産の所有者が認知症などになってしまうと、財産の管理、処分や資産活用が出来なくなってしまします。 売りたいのに売れない、資産活用や相続対策したいのに出来ない…とても困ってしまいますね。 こうなってしまわないように、元気なうちに、家族に財産を託す手法が「家族信託・民事信託」です。 いわば、「財産を家族に信じて託す=信託」と言えます。
家族信託の図

他のお悩みにも活用出来ます

 

  1. 自分の老後の生活や介護等に必要な資金の管理及び給付をして欲しい
  2. 認知症になってしまった後でも、不動産の建築・売買・賃貸など資産活用したい
  3. 認知症になってしまった後でも、子や孫に教育資金や結婚資金等の贈与を行いたい
  4. 先祖代々の土地を、血の繋がった親族に承継させたい
  5. 株式の分散、急死や認知症になった際の経営が心配
地元愛知県で実績多数!家族信託
愛知県家族信託協会

司法書士法人アストラには、一般社団法人家族信託普及協会の
家族信託専門士の資格を持った者が複数在籍しております。
また名古屋にて、一般社団法人愛知県家族信託協会を立ち上げ、
地元の弁護士、司法書士、税理士等とともに、地元密着で、日々研鑽を積んでおります。
お悩みがございましたら、まずはお気軽にご連絡下さい。