司法書士/土地家屋調査士アストラグループ
名古屋で家族信託・民事信託・任意後見契約・認知症対策・相続対策
のことなら司法書士法人アストラ
052-212-8956

Q&A
よくある質問

ホーム > よくある質問 > 家族信託について > 家族信託は資産を多く持っている方が利用するものですか? うちには目ぼしい財産は自宅しかありません。

家族信託について

Q. 家族信託は資産を多く持っている方が利用するものですか? うちには目ぼしい財産は自宅しかありません。

家族信託は、財産額が高額な方にのみ当てはまる制度ではありません。 例えば、自宅のみをお持ちの場合でも家族信託は可能です。 もし、将来、介護施設などへの入所する際や、売却の可能性がある場合、所有者が認知症や病気になって、判断能力を失ってしまうと、売却や管理を行うことができなくなくなります。 そのため、親と子が家族信託契約を結び、子供が自宅を管理・売却することができるようにしておくことは重要です。

一覧に戻る