司法書士/土地家屋調査士アストラグループ
名古屋で家族信託・民事信託・任意後見契約・認知症対策・相続対策
のことなら司法書士法人アストラ
052-212-8956

Q&A
よくある質問

ホーム > よくある質問 > 家族信託について > 認知症になったら、家を売却できないと聞きました。本当でしょうか?

家族信託について

Q. 認知症になったら、家を売却できないと聞きました。本当でしょうか?

家の所有者の方が認知症になってしまうと、物事の判断が正常に出来ないので売却は難しいです。このような場合に備えて、家族信託契約を行い、ご家族を受託者として不動産の管理・処分を託す方法があります。これによって、認知症発症後も、ご家族が不動産の売却や管理を行うことができるようになります。

一覧に戻る