司法書士/土地家屋調査士アストラグループ
名古屋で家族信託・民事信託・任意後見契約・認知症対策・相続対策
のことなら司法書士法人アストラ
052-212-8956

Q&A
よくある質問

ホーム > よくある質問 > 任意後見・成年後見・見守り契約 > 任意後見人の役割は何ですか?

任意後見・成年後見・見守り契約

Q. 任意後見人の役割は何ですか?

任意後見人の役割は、本人の財産の管理です。自宅等の不動産や預貯金等の管理、年金の管理、税金や公共料金の支払いなどです。さらにもう一つ、介護や生活面の手配です。要介護認定の申請等に関する諸手続、介護サービス提供契約の締結、介護費用の支払い、医療契約の締結、入院の手続、入退院費用の支払い、生活費を届けたり送金したりする行為、老人ホームへ入居する場合の入居契約です。 任意後見人の仕事は、本人の財産管理とともに、生活面の手助けをしてあげることです。なお、任意後見人の仕事は、おむつを替えたり、掃除をしたりということではなく、介護や生活面の手配をしてあげることです。

一覧に戻る