司法書士/土地家屋調査士アストラグループ
名古屋で家族信託・民事信託・任意後見契約・認知症対策・相続対策
のことなら司法書士法人アストラ
052-212-8956

BLOG
ブログ

ホーム > ブログ
  • 2019.10.20
  • ブログ

清算未了申出

こんにちは、田中です。

 

先日、解散の登記をして、清算未了のまま登記記録が閉鎖された会社がありました。

 

法律上、解散の登記から10年を経過すると、登記官は当該会社の登記記録を閉鎖することができます。

しかし、登記官の職権により登記記録が閉鎖された場合でも、清算結了の登記がされていない以上、当該会社は清算手続き中であると判断され、法人格は消滅されていないと考えられます。

 

このような場合、「清算を結了していない旨の申出」をし、当該登記記録を復活してもらいます。

 

必要書類は、

 

1.清算未了届書
2.委任状(代理人が申請する場合)
3.印鑑届書
4.代表清算人の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)

 

となります。
清算未了申出書が申請書の代わりとなるので、代理人が申請する場合は、代理人の表示と押印が必要となります。

 

また、会社届出印も廃止されてしまうので、印鑑の届出も必要です。

 

今回のケースでは、代表清算人の住所が、閉鎖登記記録と現在の住所異なっていました。
そのため、同時に代表清算人の住所変更登記も必要となりました。

 

清算未了届書は紙申請となるので、必然的に住所変更登記も紙申請になります。